経済

お金はそれを欲しがっている所に流れていく 最近では、国内金利が低いこともあって、外貨預金をする人も増えてきました。お金は国内だけでなく国境をまたいでも動いていますが、その原理は国内の場合とあまり違いません。お金は、お金が余っている人からお金が足りない人に流れていきます。

国同士の間でも同じです。国際的なお金のやり取りが行われる市場を国際金融市場といいます。この国際金融市場における企業や個人間のお金のやり取りを国ごとに合計し、国単位でお金の流れをまとめるとお金が足りない国へという動きが見られます。

そして、国全体でお金が余っているという状況は、貿易取引の結果、経常収支が黒字になっているという状況に対応します。