カードローン審査

カードローンでお金を借りる際には必ず審査基準を通過しなければなりません。審査基準は各カードローン業者毎に相違しますが、審査に通りやすいのは審査基準が甘いカードローン業者となります。なるべく審査がやさしい金融業者を探すには、口コミ情報で探すのが一番のベストです。

ただし、あまり審査の甘さのみに囚われてしまうと、ヤミ金融などに当たってしまいますので、借りる側にしても十分な吟味が必要です。お金を貸してくれる業者ならどこでもいいというわけにはいきません。

カードローンとは、CDやATMなどからカードを使って融資を受けることが出来るタイプの消費者ローンです。昭和50年代前半に都市銀行が売り出した小口の消費者ローンがその発祥と言われています。

通常の金銭消費賃借契約とは違って、事前にクレジットライン(与信限度額) を顧客に供与しておく一種の諾成的金銭消費賃借契約です。

このカードを保有していると、当該銀行のCD、ATMからいつでもお金を借り入れすることができます。今では信販会社や一部の消費者金融でも こういったカードローンを出しているところが多いようです。

0

一昔前の銀行といえば、法人相手が主な融資先で、一般人への個人融資は殆ど取り扱っていませんでした。しかし、バブル崩壊以後、銀行が企業への融資が焦げ付いて莫大な不良債権を抱えているのと対象に、個人向けローンの消費者金融は右肩上がりの成長を続けていたのです。

そういった背景から、銀行が個人向け融資に参入してくるのは時間の問題とされていたのです。現在では殆どの銀行が個人向けのカードローンを取り扱っています。

銀行のカードローンの多くは低金利で貸し出ししているのが特徴です。何しろ顧客からの預金をそのまま貸し出しているのですから、元手は要りません。融資の焦げ付きさせ気を付けていれば、簡単に利益を生むことは誰の目にも明らかです。

しかも、預金の利息はゼロ金利なのですから始末に負えません。こんな簡単に利益を出るのですから、銀行はおろか信用金庫といった金融機関が参入してくるのも当然のことです。

銀行のカードローンがなぜ低金利なのかは、前述したように顧客の預金をそのまま貸し出しているからであって、元手が要らないからです。それに対して、中堅以下の消費者金融などは、元手となる資金をノンバンクなどで借りているのですから、当然その分を利息に上乗せしなくては利益が出ません。だから中小中堅のローン会社は大手より利息が高くなるのです。