カードローン

人気のカードローン

消費者金融とカードローンは名称こそ違え、内容はそれほど相違はありません。消費者金融とは、かつてはサラリーマン金融と呼称されていましたが、内容はお金を人に貸し付けて利息をとって利益を得ている貸金業のことです。

カードローンとは、審査で通った顧客に限度額が設定されたカードを発行して、そのカードでお金を借りた顧客から利息をとって利益をあげる業者です。今では消費者金融でもカードを発行していますので、実際はカードローンと呼称されるはずですが、一般的には銀行系の金融会社が発行しているカードローンを指しています。

銀行系のカードローンなのでいかにも低金利のような気もしますが、実際はそれほど低金利ではなく、限度額一杯借りてしまうとそこそこ高い金利になってしまいますので、十分な注意が必要です。何しろ手元にいつでもキャッシングが出来るカードがあると、ついつい借りてしまうのが人間の性です。

急な入用のためにカードをとっておくのは良いことですが、必要でもないのにお金を借りてしまうのは無駄です。そういった気の緩みが多重債務に陥ってしまう初期症状です。

0

今でこそ大手の消費者金融は銀行系列となったことから、ノンバンクではなくなってしまいましたが、銀行傘下となる以前は純然たるノンバンクでした。

ノンバンクとは、融資となる資金を銀行などから調達する金融業者のことです。銀行は顧客からの預金によって資金を集めることができますが、消費者金融のようなノンバンクは貸金業の運営を規制する出資法によって、預金業を営むことが禁じられています。したがって、銀行や証券会社等から資金を調達しなくてはなりません。

銀行から資金を調達する際、その時々の金利によって調達コストが違ってきます。好況期には公定歩合が高くなり資金調達コストが高くなりますが、逆に不況の際は低金利となって資金調達コストも低くなります。

バブル崩壊後、日本全体が不景気で苦しむ中、堅実な成長をしていた消費者金融業界ではこのような事情があったのです。