中堅消費者金融一覧

柔軟審査の中堅業者一覧

中堅クラスの消費者金融は、主に大手の消費者金融で借りれなかった人が利用するための受け皿といってもいいでしょう。

資本は大手と比較すると大きく劣っていますが、審査は厳しくもなく、少々の多重債務でも審査には通ってしまいます。

キャッシングの申し込みは自宅のパソコンやスマホから簡単に申し込みができます。昔のように金融会社の店舗へ来店することは一切不要です。

本人確認には免許証か保険証が必要ですので、予めスキャナかカメラで撮影して画像化し、申し込みをする端末内に保存しておきましょう。

申し込みをする金融会社のサイトに入れば、申し込み手順にしたがって項目を埋めていきます。項目は氏名や年齢、生年月日、勤務先といった基本的なものです。

勤務先などへの在籍確認や居住地への所在確認等は、以前は当たり前のようにありましたが、現在では省略する消費者金融も増えてきました。

ほぼ個人信用情報機関のデータによる審査のみで融資の決定をしているようです。

審査に通るポイントは、余裕のある残高があること、最初の申請の際、希望キャッシング枠を最低の「30万円」としておいたほうが無難です。後で増額できますので、まずは審査に通ることが先決です。

申し込み後、即日審査の結果が通知されてきます。審査が通っていれば、一週間ほどでカードが送られてきますので、コンビニなどのATMで現金を引き出すことが可能です。

だた、一番気を付けなくてなならないポイントは、審査の甘さのみに執着しないことです。人間どうしても借り入れ審査で落とされてしまうと、心理的プレッシャーとなり、審査で落とされないような消費者金融を選んでしまいがちです。

もう少し金利の低いキャッシング会社で借りれるのに、審査基準のみに固執してしまうと、高金利での借り入れを余儀なくされてしまいます。

そのような過ちをしないためにも、金融情報をしっかり把握しておくことが先決です。自分の身の丈に合った消費者金融を選ぶことが重要なことで、その中から一番有利なローン会社を選べばよいのです。選ぶポイントは、低金利で借りやすいのが一番です。

お申込みはコチラ 中堅

中堅中小の消費者金融一覧

借入件数が5件以内、大手消費者金融でも審査に通らない方は、一つランクを落として中堅規模の金融会社を選びましょう。

零細消費者金融(多重債務者向け)

総量規制が適用されてより厳格になった審査を通過するには、ある程度の対策が必要です。借り入れ件数が無くてまっさらな人は別として、借り入れ件数が3件を超えてくると、キャッシング会社も慎重になってきます。

特に人間性まで把握出来ないネットキャッシングの申し込みでは、審査は信用情報センターのデータで占められる部分が多く、過去に支払い遅延などの自己歴がある方は、ほぼ100%の確立で審査で却下されてしまいます。

また、虚偽の記載をしていてバレたりすると、これも即却下の対象です。勤務先などの嘘の記載は致命的で、勤務歴などの少々の水増しは大丈夫ですが、電話番号や住所は間違いなく記載しましょう。

また、総量規制対象外の方でも審査に落ちる可能性はありますので、審査基準をよく理解した上でお金を借りるようにしましょう。

お申込みはコチラ 審査の甘いサラ金

一番審査基準が甘い金融業者

借入件数が5件以上ある方、中堅サラ金業者でも審査に通らない方は最後の手段として審査基準が甘い金融会社をご紹介します。

住所地が、賃貸か持ち家かも重要な審査の対象となります。もちろん、持ち家のほうが審査に有利ですし、借り入れ限度額でも高めに設定されます。ただ、賃貸に住んでいても長期にわたって同じ場所に居住している場合は、ある程度、評価の対象となります。

毎月、きちんと家賃を納めていると判断されるからです。毎月の収入の大小よりも、こういった毎月キチンとお金を納めている人物のほうが、キャッシング会社にとっては優良客なのです。