廃業した中小消費者金融一覧

何らかの事情によって廃業を余儀なくされた貸金業者

2006年以降、全国の消費者金融の数は減少の一途を辿ってきました。それは貸金業法改正によって上限金利が抑えられたことでかつてほど儲けられなくなったことと、グレーゾーン金利廃止による過払い金請求によって、破産してしまったことに起因します。

上限金利については、2006年の改正以前は大手でさえも29.20%という金利を取っていたことから、中小の消費差金融も当然のように29.2%という金利で貸し付けていました。しかし、その金利が違法認定とされてしまったことで、それまで取っていた違法金利を払い戻す責務を負わされてしまったわけです。

それまでせっせと融資をして儲けたお金を吐き出すのですから、大変なことです。最大手であった武富士がこの過払い金請求によって倒産の憂き目にあってしまったことを考えると、資本の小さい中小業者が生き残れる可能性は低いのが当然のことで、2006年には全国で約17,000件もの消費者金融があったものの、現在では約1,700社にまで減ってしまいました。つまり、約15,000社もの貸金業者が廃業してしまったことになります。

消費者金融業者の数